BRC-20/420/721/1024 とは? 私達の社会にもたらす影響

  • URLをコピーしました!

ビットコインベースの技術、特にBRC-20やBRC-721などのトークン標準は、デジタル世界の資産と取引を根本から変革しています。これらの技術は、デジタルアート、ゲーム内アイテム、メタバースの不動産など、多様なデジタル資産を安全かつ効率的に取引する新たな道を開きます。

この進展は、デジタル経済の可能性を拡大し、仮想と現実の境界を曖昧にしています。

スカ坊

バーチャルの世界が、この技術によってどんどん充実していくようなものだと思えば良いね!

Index

BRC-20

ビットコインブロックチェーン専用に設計された実験的な代替可能トークン標準です。

この標準は、2023年3月にドモというブロックチェーンアナリストによって開発されました。BRC-20トークンの作成と転送には、オーディナルプロトコルが使用されています。このプロトコルは、ビットコイン(BTC)ユーザーがサトシトークン(オーディナル)にデータを記述することを可能にします​​。

BRC-20の主な特徴は、ビットコインネットワークとの互換性、単純化されたトークン化メカニズム、顕著なセキュリティ、および成長の可能性です。これらのトークンは代替可能であり、交換可能で同等の価値を持っています。BRC-20は、ERC-20や他のトークン標準とは異なり、スマートコントラクトに依存せず、代わりにオーディナルの記述を使用します​​。

しかし、BRC-20トークン標準にはいくつかの欠点もあります。スマートコントラクトの機能がないため、ERC-20などの他のトークン標準よりも機能が限られています。また、ビットコインブロックチェーンに依存しているため、スケーラビリティが低く、トランザクション速度が遅いという問題があります。

さらに、BRC-20はビットコインブロックチェーンエコシステム内でのみ機能するため、他のブロックチェーンシステムとの相互運用性に課題があります​​。

BRC-20トークンの一例として、ORDI、Vmpx、Pepeなどがあります。これらは、ビットコインネットワーク上でのデジタル資産の作成と転送を可能にする新しい方法を提供しています​​。

また、BRC-20トークンは、ビットコインネットワークの堅牢性と広範な受容に資本化することにより、迅速な受け入れを享受しています。BRC-20トークンは、分散型金融(DeFi)プロトコルやトークン化された実物資産など、さまざまな用途に使用される可能性があります​​。

スカ坊

BRC-20は、ビットコインブロックチェーン上でのさらなる進化と開発の可能性を示唆していますが、この技術はまだ実験段階にあり、投資家にはリスク管理戦略を適用することが推奨されています​​。

BRC-420

ビットコインブロックチェーンに基づいた新しいタイプのプロトコルです。

このプロトコルは、デジタルアセットを扱うために特別に設計されており、特にメタバース内の不動産やゲームアイテム、アニメーション、効果など、従来のトークンやアートNFTよりも複雑な属性を持つ資産に焦点を当てています。

BRC-420は、リカーシブな組み合わせを使って、複数のオーディナルの記述を一つの複雑な記述に組み合わせることを可能にするプロトコルです。

BRC-420トークンは、オーディナルとビットマッププロトコルに基づいたビットコインチェーンアセット管理プロトコルで、リカーシブバース(RCSV)によって確立されました。このプロトコルは、利用者が完全なビットコインブロックを所有し、記述することを可能にし、各記述されたブロックがメタバースの一部となるというものです。

BRC-420は、開発者が「メタバースの記述」を購入またはロイヤリティを支払って使用できるように設計されており、メタバース内での再帰的なデジタル資産形式は、使用権とロイヤリティを結びつけ、クリエイターに利益をもたらします。

しかしながら、BRC-420に関する記事では、これらのトークンがメタバースの不動産を表現すると主張しているものの、これはデジタル世界におけるメタデータとピクセルに過ぎないとの指摘もあります。BRC-420は、ビットコインを購入してトークンをミントするか、二次市場で購入して、オーディナルウォレットを介してアプリやゲームとやり取りするために使用することができます。

ただし、これらのトークンの実用性や将来性については、慎重な評価が必要とされています。

スカ坊

また、このトークンは、その名前からもわかるように、ある種のジョークやミームに基づいている可能性があり、それが実際の投資としての価値よりも、投機的な取引の対象となっている可能性があります。

BRC-420に投資する際には、リスクを十分に理解し、慎重に行動することが重要です。

BRC-721/BRC-721E

ビットコインネットワークに非代替性トークン(NFT)を導入する新しい実験的な標準です。

BRC-20標準に触発され、BRC-721はユーザーがユニークなデジタル資産を作成、発行、転送することを可能にします。この標準の利点には、発行手数料の削減、ビットコインネットワークのスペース利用の改善、既存のNFTプラットフォームやツールとの互換性があります。

BRC-721は、ERC-721標準と同様のトークンURIおよびメタデータ仕様を採用しており、既存のNFTエコシステムとのシームレスな統合を可能にしています。この互換性により、BRC-721はNFT関連アプリケーションでの採用と使用を促進しています。

BRC-721は、ビットコインネットワーク上でトークン化の機能を拡張し、NFTの形でユニークなデジタル資産を作成、管理、交換するための標準化されたフレームワークを提供することを目指しています。

また、BRC-721Eというトークン標準もあり、これはイーサリアムのERC-721 NFTをビットコインのオーディナルに変換することを可能にするものです。

このプロセスでは、ERC-721 NFTを焼却し、その後、ビットコインネットワーク上のサトシに有効なBRC-721Eデータを記述することにより、チェーン間を架け橋します。この方法により、イーサリアムベースのNFTをビットコインネットワーク上で保持することが可能になります。

スカ坊

このBRC-721標準の導入により、ビットコインNFTセクターは大きな注目を集め、急速な発展を遂げています。この分野の発展は、ビットコインの新しい可能性を開くものであり、多くの関心を集めています。

BRC-1024

ビットコインのオーディナルインターフェイスを利用してメタバースを構築する、興味深い小規模な実験です。

このプロジェクトは非常にダイナミックな性質を持ち、設計に基づいて金融的な決定を行うことはお勧めできません。プロトコルの操作に関するすべてのキーは小文字でなければならないという重要な点があります。

BRC-1024の「Root」と呼ばれる最初のメタバースには、現在21の部族が存在し、それぞれがメタバースコンポーネントを展開しています。これにより、Rootメタバース内で約210,000のキャラクターが生み出されることになります。

今後1〜2年の間に、追加の200,000から300,000のメタバースコンポーネントインスタンスが作成され、コミュニティによって無料で発行される予定です。

また、BRC-1024プロトコルでは、メタバースとは単に仮想世界を指すとされています。例としては、マーベルやスターウォーズ、三体問題などが挙げられます。

歴史的な知的財産(IP)である「三国志」や「水滸伝」も、フィクショナルな世界を代表するものとして、メタバースに含まれます。

このメタバースの構築には、特定のウォレットが所有するメタバース展開インスクリプションが関与しており、そのウォレットはメタバースのコンポーネントを展開する権限を持ちます。インスクリプションが新しいウォレットに移されると、所有権も新しいウォレットに移行します。

スカ坊

このプロトコルは将来的に拡張される可能性があり、メタバースのアイコン、説明、コンポーネント展開許可の公開などが追加される可能性があります​

これらの技術を用いて、実際にできそうな事を考えてみる

これまでに出た技術、特にBRC-1024、BRC-721、BRC-420、BRC-20などのビットコイン関連のプロトコルを用いて、現実に可能と考えられることは以下の通りです:

  1. デジタルアートとNFT: BRC-721やBRC-1024のようなプロトコルは、デジタルアート作品やその他のユニークなデジタル資産をNFT(非代替性トークン)として発行し、売買することができます。
  2. メタバースの開発: BRC-1024のようなプロトコルは、メタバース内で使用されるキャラクターや土地などの構成要素を作成し、これらのデジタルアセットを管理するために使用できます。
  3. ゲーム内アイテム: オーディナルインターフェースを利用することで、ビットコインブロックチェーン上にゲームのアイテムやキャラクターを構築し、それらをプレイヤー間で取引するシステムを作ることができます。
  4. デジタルコレクション: 限定版のデジタルコレクタブルアイテムや、特別なイベントに関連するメモリアルアイテムなどを、NFTとして発行し、収集することが可能です。

これらの技術はまだ実験段階にありますが、ビットコインのブロックチェーンを活用して、新しい形のデジタルアセットとその取引を可能にする潜在能力を持っています。

メジャーになってくると、どのような社会になり、人はどういう行動とるのか

ビットコインベースの技術がメジャーになると、社会はデジタルと物理的な世界の境界が曖昧になる方向に進むかもしれません。具体的には:

  1. 仮想不動産の購入と投資: 人々はメタバース内の土地や建物を投資として購入し、これらのデジタル資産の価値が高まる可能性があります。
  2. アートとクリエイティビティ: NFTはアーティストにとって新しい収入源となり、デジタルアートの展示や販売が普及します。
  3. デジタルアイデンティティと社会的相互作用: 人々は自分のデジタルアイデンティティを通じて他者と交流し、メタバース内での社会的な地位や評判を築くことに重きを置くようになります。
  4. 仮想市場と経済: メタバース内での商品やサービスの販売、ビジネスの展開が一般的になり、新たな市場が形成されます。

ビットコインベースの技術の普及に伴う変化の具体的な例は以下の通りです

  1. 仮想不動産の開発と投資: メタバース内での不動産開発や投資が一般的になり、実際の不動産市場と同様に取引されます。例えば、特定のメタバース内で人気のあるエリアの土地を購入し、そこにバーチャルショップやイベントスペースを開発することが考えられます。
  2. デジタルアートの売買: アーティストは自作のデジタルアートをNFTとして発行し、オンラインのマーケットプレイスで販売します。購入者はそれをコレクションとして保有し、価値が上昇するのを期待するか、または他のコレクターに転売することもあります。
  3. ゲーム内アイテムの実世界価値: オンラインゲーム内で得た特定のアイテムやキャラクターが、ビットコインベースのプロトコルを使用して実世界の価値を持つようになります。これらはゲーム外で取引され、現実の通貨で購入・販売されるようになるかもしれません。

これらの例から、デジタル資産が実世界の資産と同様に扱われ、経済活動や社会的相互作用が仮想世界にも拡大していく様子が想像できます。

旅行業界でのビットコインベースの技術の利用

ビットコインベースの技術は旅行業界において以下のように活用される可能性があります。

  1. デジタル通貨による支払い: ビットコインなどのデジタル通貨は国際的な旅行における支払い手段として利用される可能性があります。これにより為替リスクを減らし、国境を越える際の手数料を削減できます。たとえば、海外旅行先でのホテルやレストラン、観光スポットでの支払いにビットコインを使用することが可能になります。
  2. 透明性のある予約システム: ブロックチェーン技術を利用した予約システムは、予約の透明性を高め、キャンセルポリシーの遵守や料金の支払いに関するトラブルを減らすことができます。顧客はブロックチェーンを通じて予約や支払いの記録を確認でき、サービス提供者との間の信頼を築くことができます。
  3. NFTを用いたユニークな体験提供: 特定の旅行体験やイベントのチケットをNFTとして発行し、それを購入することで特別な体験や特典を受けられるようになります。例えば、限定のガイドツアーや特別なアクティビティにアクセスできるNFTを提供することで、旅行体験をより魅力的なものにすることができます。

飲食業界でのビットコインベースの技術の利用

ビットコインベースの技術は飲食業界において以下のように活用される可能性があります。

  1. デジタル通貨による支払い: 飲食店での支払いにビットコインなどのデジタル通貨を使用することが可能になります。これにより、顧客はより迅速で便利な支払い方法を利用でき、店舗側も国際的な顧客を獲得しやすくなります。
  2. NFTを用いた限定メニューの提供: 特定の料理やドリンクをNFTとして発行し、そのNFTを持っている顧客のみがその料理を注文できるようにすることで、新しい飲食体験を提供できます。例えば、限定版のワインやシェフのスペシャルメニューをNFTで提供することが考えられます。
  3. 透明性のある供給チェーン管理: ブロックチェーンを活用して食材の供給チェーンを管理することで、食材の出所を確認し、食品の安全性を向上させることができます。顧客は使用される食材の出所や品質を確認できるため、より信頼性の高い飲食体験を提供できます。

これらの技術を活用することで、旅行および飲食業界はより革新的で魅力か提供することが可能になります。これにより、よりパーソナライズされたサービスが提供され、顧客満足度の向上が期待できます。また、ブロックチェーン技術の透明性と信頼性により、食品の安全性や品質が保証され、消費者の信頼を獲得することができます。

スカ坊

これらの例から、ビットコインベースの技術を活用することにより、旅行と飲食業界がより便利で革新的なサービスを提供し、消費者体験を大きく向上させることが期待できます。

ビットコインベースの技術を用いたゲームの具体的なアイデア

  1. デジタル宝探しゲーム: プレイヤーはメタバース内で宝探しに参加し、隠されたNFTを見つけることで報酬を得ます。これらのNFTはゲーム内外での価値を持ち、プレイヤー間で取引される可能性があります。
  2. バーチャル不動産開発シミュレーション: プレイヤーはメタバース内で土地を購入し、ビルやアトラクションを建設します。これらの不動産はNFTとして保有され、他のプレイヤーや投資家に売買されることで、現実世界に類似した経済活動をシミュレートします。
  3. アートギャラリー経営ゲーム: プレイヤーは自分のバーチャルアートギャラリーを運営し、デジタルアートを展示して収益を得ます。展示されるアート作品はNFTとして実際に購入され、展示や販売が行われます。

ビットコインのブロックチェーン技術を利用して、ゲーム内でのリアルタイムな取引やデジタル資産の所有を可能にし、従来のゲームとは異なる新しい体験を提供します。

プレイヤーはゲーム内で獲得した資産の実際の価値を享受し、仮想世界と現実世界の間での資産の流動性を経験することができます。

まとめ

BRC-20やBRC-721などのビットコインベースのトークン標準は、デジタル資産の扱いに革命をもたらし、新たな市場を創出しています。

これにより、NFTやメタバース、仮想通貨が一般化し、日常生活におけるデジタルと物理的世界の統合が進むことでしょう。この技術の発展は、経済活動、芸術の表現、個人の資産管理に新しい次元をもたらし、将来的にはさらに多くの分野に影響を及ぼす可能性があります。


XアカウントでもBTC/NFT/デザインの事を発信しています。
是非フォローもよろしくお願いします!

僕、スカーレット坊やは、とまとぅーさんと一緒にBitCoin Ordinalsコレクションを運営しています
MagicEdenに出品しているので是非除いてみてください!
コレクション名『Tomatoo-Kingdom』

Magic Eden
Tomatoo-Kingdom | Magic Eden Inscriptions 12317216 to 37921934 | The "Tomatoes" play in a game-like pixel world, and the collection is full of fun elements such as the three sacred weapons ...

スカーレット坊やのもう一つのブログも読んでほしいな!
WordPressやElementorを使って、DTPデザイナーがLPを作れるようになる話だぞ!

Tomatoo Kindom の公式Webサイトもぜひ見てください!
BitCoin以外でもETH、XRPにおいてもコレクション展開しております

Tomatoo Kingdom
Tomatoo Kingdom | 「とまとぅー王国」の全てをここに!DAOHeaven内にある『とまとぅー王国』の情報を一つ... 『とまとぅー王国』の魅力を深く知るなら、ここ!スカぼう手作りの情報サイトです!DAOHeavenの中で独自の存在感を放つ王国の全てを網羅。公式の Bitcoin Ordinals・NFT・X...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Index